最短即日発行でおすすめのクレジットカード17選!即日受け取りの方法、作り方も伝授

基礎知識

クレジットカードの使い方|基本の使い方から海外での利用まで解説

投稿日:

使い方アイキャッチ1

クレジットカードに馴染みのない人は、どう使ったらいいかわからず苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。

「お店で使うときはどうしたらいいの?」「ネットショッピングは危ないんじゃないの?」などの不安を感じることもあると思います。

クレジットカードに関するトラブルはありますが、正しい使い方を知らなかったために起こっている場合がほとんどです。今回はカード初心者に、クレジットカードの基本の使い方や海外での使い方を解説します。

 

クレジットカードを作ったらまずやること

使い方アイキャッチ2

クレジットカードが手元に届いたら早速買い物に行こうとしていませんか?確かに、カードが届いたら嬉しくて早く使いたくなってしまうかもしれません。

ですが、買い物する前にまずやらなければならないことがあります。今から説明することをやっておかないとクレジットカードを他人に悪用されたときや、損害が発生したときに保証が受けられない場合もあります。

自分の身を守るためにも、クレジットカードに対する最低限の知識と正しい使い方は身に着けておかなければいけません。そのための知識と方法を今から解説していきます。

 

カードに氏名を記入する

クレジットカードが手元に届いたらなにはともあれ、まずは自分の名前を記入しましょう。クレジットカードの裏面の左上に「ご署名」と書かれているすぐ下の、長方形に色が変わっている部分が署名欄です。

記入する文字に決まりはありません。漢字でもローマ字でも構いませんが、普段自分が使っている氏名を記入しましょう。消えない様に油性ペンで記入します。

この署名を怠ると、クレジットカードを悪用されるおそれがあります。他人にカードを拾われ署名されてしまった場合、店舗では署名の筆跡以外に本人確認できないので、カードが利用できてしまうのです。

また、自分で利用する場合も、署名のないカードでは断られる場合があります。

 

支払い日、限度額を確認する

クレジットカードの利用ルールをきちんと確認しておきましょう。クレジットカードには利用料金の月々の返済日が決まっています。

この返済日を把握していないと、引き落とし口座の残高不足で支払いが遅れ、信用情報に傷がついてしまう可能性があります。カードの利用限度額を把握することも大切です。クレジットカードは利用限度額を超えて利用することは基本的にできません。

いざというときカードの利用残高が足りないということにならないよう、最初に確認しておきましょう。クレジットカードの支払日や限度額などの情報は、カードが郵送されるときの封筒内に同封されています。

支払日と限度額はWEBの会員サイトや利用明細でも確認することができます。

 

暗証番号を確認する

クレジットカードの暗証番号は、忘れてしまうとカード利用が制限されてしまいます。また、申し込み時に暗証番号の指定が無い場合や、他社に推測されやすい番号だった場合、カード会社側で暗証番号を設定することがあります。

そういったこともあるため、カード番号を確認しておかなければいけません。クレジットカードを申し込むと、一週間ほどで「暗証番号通知書」が届きます。必ず暗証番号が合っているか確認しましょう。

「暗証番号通知書」が手元になく、暗証番号を忘れてしまった場合は、カード会社のコールセンターに連絡しましょう。WEBの会員サイトでも確認することができます。ただ、カード番号照会には時間がかかることがあるので、申し込み時に覚えておくことが大切です。

 

クレジットカードを店舗で使う場合

使い方アイキャッチ3

クレジットカードの利用条件はお店よって異なります。それはお店によって対応している支払い方法や、加盟しているクレジットカードのブランドが違うためです。

商品の決済をする段階で、クレジットカードが使えないなどのトラブルが起こらないよう、クレジットカードの利用条件を事前に確認しておく必要があります。事前確認のポイントを今から解説します。

 

カード払いの有無とブランドが対応しているか確認する

クレジットカードを店頭で使う場合、確認しなければならないことが2つあります。1つ目は「カード払いに対応しているか」と、2つめはどの「クレジットカードブランドが対応しているか」です。

1つめのの「カード払いに対応しているか」は、そもそもお店自体がクレジットカード払いを受け付けていない場合があります。その場合は現金で支払うしかありません。事前に確認しましょう。
次は2つ目の「クレジットカードブランドが対応しているか」です。クレジットカードの表面を見ると、右下にロゴマークと一緒にVISAやMastercardなどのブランドが書かれています。

これは「国際ブランド」といって、決済システムを提供している会社のことです。対応ブランドは店頭やレジなどに記載されています。

 

クレジットカードの支払い方法について

クレジットカードは支払い方法を選択することができます。支払い方法は以下の中から選ぶことができます。支払い方法によって、手数料や一回あたりの返済金額が変わってきます。クレジットカードによっては対応していない支払い方法もあります。

■手数料がかからない支払い方法
一括払い、ボーナス払い

■手数料はかかるが、月々の支払いが少額
分割払い、リボルビング払い

どの支払い方が適しているかは、利用者の状況によって違います。また、お店やカード自体が特定の支払い方法にしか対応していない場合などもあります。よく考えて選択しましょう。

 

店頭払いでは「暗証番号入力」と「サイン」の2種類がある

クレジットカード決済を店頭で利用する場合、「暗証番号入力」と「サイン」のどちらかを選ぶことができます。IC付きのクレジットカードを利用する場合には暗証番号を求められる場合が増えています。

また、一部店舗では「暗証番号入力」しか対応していない場合もあります。暗証番号入力は、お店の端末でICカードの情報を読み取り、番号情報と照会しているため、「サイン決済」よりも安全といえます。

今後安全面を考えて、暗証番号入力が必須になっていきます。「サイン」で決済を行う場合は、クレジットカードの署名欄に名前がないと利用することができません。必ずクレジットカードには署名をしましょう。

 

サインレス決済なら暗証番号もサインも入力不要

コンビニなど一部店舗では「サインレス決済」といって、「暗証番号入力」も「サイン」も必要なく、クレジットカードをスキャンするだけで買い物ができてしまいます。

コンビニでサインレス決済ができる理由は、その都度暗証番号やサインを求めていたらお店が回らなくなってしまうからです。しかし、当然ながら「サインレス決済」は暗証番号もサインも必要としないため、セキュリティ面での不安を抱えています。

そのため、クレジットカード会社も一部の企業にしか「サインレス決済」を認めておらず、決済できる条件も会社によって、定められています。条件は一万円以下の買い物や、換金することが難しい商品などです。

 

クレジットカードでネットショッピングをする場合

使い方アイキャッチ4

ネットショッピングをする場合はクレジットカード決済が便利です。クレジットカード情報を登録することで、毎回入力する手間が省略でき、支払い手続きも行う必要がありません。

サービスによってはクレジットカード決済しか対応していない場合や、クレジットカード決済であれば手数料が優遇される場合も多くなってきています。

そんな便利なクレジットカード決済ですが、ネットならではの危険が潜んでいることもあります。ネットショッピングの利用方法や気を付けなければいけないポイントを解説します。

 

カード払いでネットショッピングをする流れ

ネットショッピングを利用する手順は通販サイトなどによって若干の違いがありますが、概ねの流れとしては共通しています。まずは通販サイトの登録方法や利用手順を解説します。

  1. 利用するネットショップを選ぶ
  2. 購入する商品を選択する
  3. クレジットカード情報「カード番号」「有効期限」を入力する
  4. 支払い方法の選択
  5. 利用料金の支払い

大抵の場合、上記の流れとなります。クレジットカード情報の登録を求められることがあるので、よく使うサイトであれば登録しておくといいでしょう。

 

怪しいサイトは利用しない、SSLの確認を!

また、最近では少なくなってきていますが、高額請求などを行う悪質なサイトも存在します。サイトの販売者情報、電話番号、メールアドレスなどを確認し、不審に思ったら利用を控えましょう。

その通販サイトが「SSL化」されているかも確認しましょう。「SSL」とは、サイト内の情報を暗号化する技術のことです。これによりカード情報などの入力した情報が守られ、フィッシング詐欺などのリスクから利用者を守ってくれます。

サイトが「SSL化」されているかどうかは、URLの冒頭が「https」になっているかどうかで確認できます。「http」では対応していないということです。

 

決済情報は保管し、利用明細の確認を忘れずに

ネットショッピングではレシートが発行されません。Amazonであれば、PCブラウザの注文履歴から印刷することができますが、楽天では各ショップに発行を依頼する必要があり、通販サイトによって違います。

何かあったときの証拠になるため、領収書は残しておきましょう。また、毎月届く利用明細の確認は必ず行いましょう。利用明細を確認していれば、万が一不正利用されていた際に気づくことができます。

条件を満たす必要がありますが、不正利用は60日以内に申告すれば保障によりお金が戻ってきます。また、利用金額を確認することで、知らないうちに使い過ぎてしまうことを防ぐことにもつながります。

 

クレジットカードを海外で使う場合

使い方アイキャッチ5

クレジットカードを海外で使う場合の方法を説明します。基本的な使い方は日本国内で利用する場合とほとんど変わりません。
ですが、支払い方法や、換金レートの違いが存在します。これを理解しておかないと思わぬトラブルを招く危険性があります。

 

日本との違い、海外では支払い方法が選べない

国内であれば回数払いやボーナス払いなど選ぶことができます。しかし、海外でクレジットカードを利用する場合は支払い方法を選ぶことができません。

どういった支払い方法になるのかというと、クレジットカードの初期設定で決められた支払い方法が適用されることになります。この初期設定は「一括払いorリボ払い」のとちらかが必ず選択されています。

クレジットカードによってどちらが設定されているか変わりますが、あとから変更することもできます。カード会社のコールセンターに連絡するか、会員用WEBサイトから申し込みできます。海外に行く前に確認し、必要であれば変更しましょう。

 

海外で日本円払いを選んではいけない理由

海外でクレジットカードを利用した際に、現地通貨と日本円どちらで決済するか聞かれることがあります。いきなりそう聞かれてもどちらがいいのか判断できない人がほとんどだと思います。

現に日本円での決済を選んでしまう人も一定数いる様です。しかし、現地通貨で決済した方がいい場合がほとんどです。

また、現地通貨で決済を頼んだ場合、きちんと反映されているかも確認しましょう。勝手に日本円で決済されている可能性もあるからです。

 

不透明な手数料を請求されるリスクがある

なぜ海外では現地通貨決済を選んだ方がいいのでしょうか。海外で日本円での決済を選んだ場合、お店側で換金レートを自由に決めることができるからです。

換金レートとはお金の交換比率のことです。現地通貨を選んだ場合「国際ブランドの基準レート+海外手数料」ですが、日本円では「お店が自由に決めたレート+海外手数料」がかかることになります。

交換比率を自由に決められるということは、金額をかなり上乗せされた状態で請求される可能性があります。「日本に帰ってきて、カードの請求を見てみたらとんでもない金額になっていた」ということも考えられます。

そういった事態を招かないために、海外でのクレジットカード利用は現地通貨決済を選択するようにしましょう。

 

クレジットカードを利用する際の注意点

使い方アイキャッチ6

便利なクレジットカードですが、間違った使い方をしているとさまざまな危険があります。

カードを他人に不正利用されてしまうことや、カードが利用停止になってしまうことなどが考えられます。そういった事態を招かないためにも、カードの正しい取り扱い方を説明します。

 

クレジットカードを人に貸さない

クレジットカードは他人に貸すことや、使わせることをしてはいけません。たとえ血の繋がった家族であっても、契約者以外がクレジットカードを利用することは禁止されています。

送付されてきたときに同封されている約款にも、クレジットカードの契約者以外の利用を禁じる旨の内容が記載されています。

契約者以外が嘘をついてクレジットカードを利用していたことがばれた場合、利用停止や強制解約の措置が取られる可能性も考えられます。

もし万が一、クレジットカードを他人に貸して不正利用などの被害にあった場合も、保証は一切受けられません。利用規約に違反した状態でのカード利用による損害は一切保証しないと、どこのクレジットカード会社も会員規約に定めているからです。

 

暗証番号やカード情報を人に教える

クレジットカードの暗証番号は、絶対に人に教えてはいけません。暗証番号だけでは不正利用することはできません。ですが、万が一カード本体を盗まれてしまったら、不正利用されてしまします。

不正利用されても盗難補償があるから安心だと思う方もいるかもしれません。しかし、暗証番号漏れによる不正利用被害は保証対象外なのです。

そのため、友達や家族であっても絶対に暗証番号を教えてはいけません。カードの裏面にある3桁の数字、セキュリティコードも教えてはいけません。

セキュリティコードは、カードを不正に読み取るスキミング対策のためにあるのです。ですからセキュリティコードも教えないようにしましょう。

 

月々の利用明細を確認しない

クレジットカードを利用していると、月に一回利用明細が届きます。この利用明細は必ず確認しましょう。月々の利用状況を確認することで、不正請求被害から身を守ることができます。

身に覚えのない不正請求は、発生から60日以内に申告すれば保障を受けることができます。また、不正請求でなくても、解約したつもりだったサービスの料金が引き落としされ続けるなど、間違って請求がされていることもあります。

そういった不測の事態も、毎月の利用明細を確認することで防ぐことができます。しかし、場合によっては利用明細が届かないことがあります。

登録した住所が間違っている場合や、クレジットカード利用がない場合です。WEB明細に切り替えをして忘れていることもあると思います。会員サイトで確認しましょう。

 

延滞のハガキを無視する

料金の返済は滞納しないことが一番ですが、忘れていたなどで滞納状態になってしまうこともあると思います。その場合、延滞のハガキ(催告状)や、電話が掛かってきます。

返済日から1週間程度で連絡があるようです。もし、催告状や催促の電話が掛かってきたら、絶対に無視してはいけません。無視をし続けるとクレジットカードが使えなくなるばかりか、信用情報がブラックになります。

そうなったらクレジットカード発行はおろか、ローンを組むこともできなくなります。また、支払いを延滞している場合、延滞翌日から延滞料金が加算されます。

クレジットカードの利用料金を延滞することは何の得もありません。延滞していることに気づいたら、すぐにカード会社に連絡を取りましょう。

 

リボ払いの仕組みを理解していない

月々の支払いが少なくて済むからといって、リボ払いの仕組みをよく理解しないまま安易に利用していると、思っている以上の手数料を支払うことになる可能性があります。

リボ払いは借りたお金に対して、毎月一定額ずつ返済していく仕組みです。そのため、借りたお金が大きくても一回の返済額が少なくて済むというメリットがあります。しかし借りた金額が大きければ、当然手数料も高くなります。

毎月の返済金額のほとんどが手数料で元金が全然減っていないという悪循環に陥るリスクもあるのです。

また、特に意識していないと、現在どれくらいの借り入れをしているのかわからず、追加で借り入れしてしまうなどもよくあるパターンです。そうならないためにも、いくらの借り入れで、どれくらいの手数料がかかるのかを把握しておきましょう。

 

カードを紛失した場合の対処法

使い方アイキャッチ7

クレジットカードを紛失したことに気づいたら、すぐにカード会社に連絡しましょう。カードの紛失や盗難は24時間体制で受け付けています。カード会社に連絡してカードの無効手続きを行います。

無効手続きを行ったクレジットカードは二度と利用することができません。万が一カードが不正利用された場合でも届出日から60日以内の被害であれば保証されます。そのためには、警察に紛失届を出している必要があります。

クレジットカードを紛失したことに気づいたらなるべく早く最寄りの警察に届け出ましょう。警察に届け出を終えたら「届出番号」をカード会社に伝える必要があります。

カードの再発行が必要な場合は、再発行手続きの書類を郵送してもらいましょう。

 

暗証番号を忘れてしまった場合の対処法

使い方アイキャッチ8

クレジットカードの暗証番号は、カードを利用するときに入力を求められる4桁の数字のことです。買い物などで暗証番号を求められたが番号を忘れてしまった場合、手当たり次第に番号を入力してはいけません。

暗証番号は三回間違えるとロックが掛かり、カード会社に解除してもらわなければいけないからです。暗証番号がわからなくなったら、まずはカード会社に問い合わせしましょう。後日郵送で暗証番号を送ってくれます。

クレジットカードは一部店舗を除きサインでも買い物することができます。しかし、一部の店舗やネットショッピングで利用することはできませんし、セキュリティ面で考えても暗証番号を把握していないことはよくありません。かならず問い合わせましょう。

 

まとめ

使い方アイキャッチ9

今回はクレジットカード初心者やこれから申し込む人のために、クレジットカードの基本的な使い方や、ネットショッピング、海外での利用方法までを解説しました。

クレジットカードは正しく利用すれば便利なものですが、間違った使い方をしてしまうと、不正利用やカード利用停止などのトラブルに発展する危険もあるものです。

そうならないためにも、きちんとしたクレジットカードの使い方と、緊急時の対処方法を頭にいれておきましょう。

-基礎知識

Copyright© クレジットカードIX , 2019 All Rights Reserved.