最短即日発行でおすすめのクレジットカード17選!即日受け取りの方法、作り方も伝授

未分類

初心者でもわかるクレジットカードの作り方|おすすめのカード10選を徹底比較

投稿日:

クレジットカードの作り方にはいくつかの方法があり、手順もそれぞれで異なるケースがあるため、どのような作り方が自分にピッタリなのかわからないという方も少なくないでしょう。

クレジットカードを初めて作る際、その手順をあらかじめ確認しておくことでスムーズに申し込みができ、余計な手間がかかりません。

ここでは、クレジットカードの申し込み方法の違いや申し込みの手順、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

クレジットカード申し込みの流れ

作り方アイキャッチ画像1

  • STEP1
    作りたいクレジットカードを選ぶ
    まず、さまざまな企業から発行されているクレジットカードの中から、自分の作りたいカードを選びます。国際ブランドや特典サービスなどを踏まえて検討しましょう。
  • STEP2
    クレジットカードの申し込み方法を決める
    インターネットや郵送など、クレジットカードの申し込み方法を決めます。申し込みの際には身分証明書、支払い用の口座、口座届出印などが必要なので、運転免許証やマイナンバーカードといった指定の身分証明書を用意しましょう。
  • STEP3
    クレジットカードの入会申し込み
    書類やインターネットの申し込みページなどの所定の欄に必要情報を記載します。この情報はカードの発行審査に使用されるので、正確に記入しましょう。
  • STEP4
    クレジットカード会社による審査
    申込書の内容をもとにカード発行の審査が行われます。
  • STEP5
    クレジットカードの受取
    審査に通過するとクレジットカードが届きます。カードが届いたら、必ず裏面に署名しましょう。

クレジットカードの作り方には4種類がある

作り方アイキャッチ画像2

クレジットカードの申し込み方法として、主に4種類が挙げられます。

方法によってメリットやデメリットが異なるため、それぞれの特徴を確認し、自分にあった方法を選びましょう。

ここからは、それぞれの方法にどのような違いがあるのかを詳しくご紹介します。

 

インターネット申し込み

インターネットでの申し込みはオンラインの申し込み方法とも呼ばれ、現在のクレジットカード申し込み方法の主流といえます。

スマートフォンやパソコンを利用して申し込み、本人確認のためにカードを本人のみが受け取れる郵送方法にするほか、身分証明書を申し込み時にアップロードするケースがあります。

 

メリット

インターネットから申し込みをするメリットは、郵送や店頭からの申し込みとは異なりクレジットカード会社に申し込み内容がすぐに到着するため、発行までの期間が短縮される点です。

また、自宅はもちろん外出先からも申し込みができるため、時間や場所を選ばない点もメリットといえるでしょう。

 

デメリット

インターネットでクレジットカードを申し込む際のデメリットとして、パソコンやスマートフォンでの文字入力が苦手な方だと時間がかかる点です。

また、申し込み手続きに精通したスタッフがその場にいないため、チャットサービスがなければ疑問点などをすぐに確認できないケースがあります。

 

郵送で申し込む

クレジットカードの申込書を郵送や店頭で受け取り、所定の欄に必要事項を記載してクレジットカード会社へ返送する申し込み方法です。

申込書には引き落とし口座情報や住所・連絡先などを記載します。

また、申込書以外に身分証明書のコピーも同封して返送します。

 

メリット

郵送によるクレジットカード申し込みのメリットは、パソコンやスマートフォンの入力に慣れていない方であっても手書きで申し込みできる点でしょう。

また、未成年者の申し込みには親権者同意が必要なため、郵送でないと申し込めないケースもあります。

 

デメリット

郵送でクレジットカードを申し込みするデメリットはいくつかあります。

まずカード会社に申込書が到着するまで時間がかかるので、結果的に発行までの時間が長くなります。

また、手書きなので記入ミスや漏れが発生する可能性があり、それにより審査に落ちてしまう可能性も少なくありません。

 

電話で申し込む

クレジットカードの電話申し込みですが、通常であれば電話だけで申し込みは完了しません。

クレジットカード申し込みの際、本人確認書類の提出が法律で定められているため、電話で申し込み書類を取り寄せ、それを返送する流れが一般的です。

 

メリット

パソコンやスマートフォンを持っていない方、そして申し込みできる場所に行けないといった方であっても、自宅にいながら申し込み準備ができる点がメリットとして挙げられます。

ただし、手順が多く、書類も手書きとなるため、多少手間のかかる方法といえるでしょう。

 

デメリット

電話で申し込みが完結するわけではないので、郵送の申し込みよりもさらに時間がかかってしまいます。

電話して書類が自宅に到着し、記入して返送、審査という段階を経てクレジットカード発行となるため、発行までの期間がもっとも長い方法です。

 

店頭で申し込む

特定の店舗では、店頭にクレジットカードの申し込みカウンターが設置されているケースもあります。

カードの系列店や提携の店舗に限定される方法なので、すべてのクレジットカードが店頭申し込みできるわけではありません。

 

メリット

店頭でのクレジットカード申し込みのメリットは、カードによっては当日発行が可能なケースがあることです。

また、クレジットカードの種類によってはタブレット端末などを使用するため、書類に手書きで記入する必要のないケースもあります。

カウンターには専門スタッフが常駐していることがほとんどなので、不明点はその場で確認できる点もメリットといえるでしょう。

 

デメリット

クレジットカードを店頭で申し込む際のデメリットとして、身分証明書や引き落とし口座など必要な書類を用意して店舗へ向かわなければいけない点が挙げられます。

こうした必要書類が不足していた場合、持ち帰るか不足書類を用意して再度訪れる必要があるので、事前に何が必要か確認しておきましょう。

 

クレジットカード入会申し込みの流れ

作り方アイキャッチ画像3

クレジットカード入会申し込みの際に必要な書類は、身分証明書と入会申込書、そして未成年者の場合は親権者同意書などです。

これらに加え、必要な情報として下記があります。

  • 氏名:申込者の名前です。
  • 住所:申込者の住所を記載しますが、このとき身分証明書で確認できる住所を記載・入力します。身分証明書の住所と異なっている場合は受け取ってもらえないケースがあるので注意しましょう。
  • 職業:申し込み時点での職業を記載します。こうした情報をもとに審査が行われます。
  • 収入:年収もクレジットカードの申し込み時に伝える必要があり、審査材料のひとつとなる可能性があります。
  • 引き落とし銀行口座情報:利用代金を引き落とすための口座です。クレジットカードや銀行の種類によっては、インターネット入力で完結できるケースもあります。

入会の際、会員規約には必ず目を通しておきましょう。インターネット申し込みの場合、これらの情報を確認しながら申し込みが可能ですが、店頭の場合には事前にすべて確認しておかなければなりません。

 

クレジットカード申し込み時に必要なもの

作り方アイキャッチ画像4

クレジットカードの申し込み時、事前に用意しておくべきものは基本的に下記の3つです。

  • 身分証明書:運転免許証などが主ですが、一般的にはパスポート、写真付基本台帳カード、写真付きマイナンバーカードなども有効なケースが多いです。ただし、これらの書類が有効かはクレジットカード会社により異なるため、不安な方は事前に確認しましょう。
  • 引き落とし口座の印鑑:口座開設時に使用した印鑑ですが、オンライン申し込みの場合はネットで手続きが完結するので不要です。
  • 保護者の同意書:未成年者のみが必要な書類で、保護者の印鑑が必要です。

20歳以上の方がインターネットで申し込みをする場合は、情報がそろっていれば用意するのは身分証明書だけとなります。

 

未成年の場合は親の同意書が必要

作り方アイキャッチ画像5

クレジットカード自体は18歳以上から作れる場合が多いものの、未成年の場合は同意書が必要なケースがほとんどです。

そのため、未成年者が親に内緒でカードを発行することはできません。

未成年者がクレジットカードのインターネット申し込みをする際、申し込み自体ができないケースや、申し込み後に親権者同意確認書類が送られるケースなど、対応は異なります。

また、カードの種類によって成年者でも学生の場合は親権者の同意がないと利用枠が限定されるケースもあります。

 

キャッシング枠を申し込むと年収証明書類が必要

クレジットカード申し込みの際、お金を借りられるキャッシング枠を合わせて申し込みする場合には、年収額がわかる収入証明書類が必要になるケースがあります。

収入証明書類として代表的なものは、企業に勤めている方であれば、毎年もらえる源泉徴収票や毎月の給料明細などです。

自営業や年金収入が主な方は確定申告書や課税証明書などで対応できます。

また、キャッシング枠の金額や他社からの借り入れ合計金額によっては収入証明書不要なケースもあるようです。

 

クレジットカード発行には審査がある

作り方アイキャッチ画像6

クレジットカードの申し込み後は、クレジットカード会社による審査が行われます。

これは後払い式のクレジットカードを発行した場合に問題なく利用代金の支払いができるかどうかや、正しいカードの使い方ができるかといった点の審査です。

この判断を行う基準として利用されるのが信用情報機関で、発行したクレジットカード会社以外の会社での利用記録などを照会されます。

この記録はクレジットヒストリーと呼ばれ、この他にも申し込みに記載された会社への在籍確認なども合わせて、申し込みしたカードのグレードに合っているかなどを判断されます。

クレジットヒストリーは数年にわたって残ります。

しっかり返済や支払いをしておけば、将来的に住宅や自動車の購入ローンで信用できる記録となる可能性もあり、返済が滞らないよう注意しましょう。

 

初めてのクレジットカードを選ぶポイント

作り方アイキャッチ画像7

初めてクレジットカードを申し込む際、どういった点を重視して選べばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、クレジットカードを作ったことがない方に向けてブランドやサービスなど注目しておくべき点をご紹介します。

 

国際ブランド

クレジットカードには国際ブランドと呼ばれるブランドがあります。

この国際ブランドとして主なものはVISA、JCB、Mastercardなどがあり、ブランドによって利用できる店舗が異なります。

この3種類のブランドであれば日本はもちろん海外においても利用できる店舗は多岐にわたりますが、国によって使える店舗やシェアも異なるため、海外での利用を検討している方は、そうした点を事前に確認しておきましょう。

 

年会費

クレジットカードはカードによって年会費が異なります。

カード発行後何年でも完全無料のケースもあれば、年に1回の利用やリボの利用など、特定の利用条件によって無料になるカードなど、発行会社や種類によって条件はさまざまです。

ゴールドやプラチナなどランクの高いカードであれば数千~数万円の年会費がかかるケースもあります。

一般的なカードであれば無料~1,000円前後の設定が多い傾向です。

 

ポイント還元率

クレジットカードのポイントは、利用した金額の何%かが還元されるのが一般的です。

利用先で変動することもあるため、年会費と合わせて年間の利用でどのカードがお得になるか考えましょう。

ポイントが付与される割合は還元率とも呼ばれますが、1,000円の利用で1円分のポイントだった場合は0.1%の還元率となります。

また、付与されるポイントが、普段自分が使っているサービスで利用できるのかどうかも重要です。

 

初心者におすすめのクレジットカード10選

作り方アイキャッチ画像8

ここからは、ブランドや年会費、ポイントの還元率などをもとに、初心者におすすめのクレジットカードを具体的にご紹介します。

いずれも国際ブランドなので海外旅行などの際にも利用できるほか、初年度年会費無料、あるいは特定条件によって初年度年会費無料といった使い勝手が良いカードばかりなので、初めてのクレジットカードとして持つのにピッタリなカードです。

それぞれの特徴を確認し、自分に合った一枚を選ぶようにしましょう。

 

社会人におすすめ

社会人であれば、利用目的にそったクレジットカードをもちましょう。ここで紹介するクレジットカードは、すべて初年度の年会費が無料のカードです。

2年目以降は年会費がかかるカードもありますが、利用する店舗やその回数によっては年会費以上のメリットがあります。

 

JCB CARD W

JCBCARD Wの券面画像

おすすめポイント

  • 常にポイント2倍
  • 年会費無料
  • 海外旅行の決済に利用すれば各種保険が適用される

39歳まで発行可能なクレジットカードです。

 

通常のJCBカードはポイント還元率0.1%ですが、JCB CARD Wの場合は常に0.2%と2倍なので、ポイントをためてお得に利用したい方には特におすすめです。

 

また、旅行時にこのカードで決済することで、海外の旅行傷害保険や海外のショッピング保険が適用となります。

 

JCB CARD Wの公式サイト

 

国際ブランドJCB
年会費初年度=無料/2年目以降=無料
発行資格18歳以上39歳以下の安定した収入のある方又は学生
発行期間最短3営業日
ポイント還元率1.0%

 

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

おすすめポイント

  • VISAの定番カード
  • 特定の店舗では追加ポイントがもらえる
  • ポイントアップモールの利用で最大20倍のポイント付与

三井住友VISAクラシックカードは、VISAの定番カードなので、最初の一枚として作るクレジットカードにピッタリです。

コンビニなどの特定店舗で利用すると追加でポイントがもらえるので、同じお店をよく利用するという方は自宅や会社近隣に該当店舗があるかチェックしておきましょう。

 

また、オンラインショッピングモール「ポイントアップモール」でのお買い物でも追加ポイントがもらえます。

 

三井住友VISAクラシックカードの公式サイト

 

国際ブランドVISA/MasterCard
年会費初年度=無料/2年目以降=税別1,250円(年会費優遇あり)
発行資格18歳以上
発行期間最短3営業日
ポイント還元率0.5%

 

楽天カード

楽天カード

おすすめポイント

  • 楽天系列のサービス利用で最大3倍ポイントが付与される
  • ポイントは実店舗などでの支払いにも利用できる
  • 新規入会でポイントがもらえる

楽天市場などで有名な楽天が発行しているクレジットカードです。楽天のサービスでこのカードを使用すると付与されるポイントが最大3倍になるので、通販をよく利用する方におすすめです。楽天ポイントカードとしても使えるので、楽天ポイントを使用できる店舗であれば、たまった楽天ポイントで支払いもできます。また、新規入会で2,000ポイントもらえる特典も大きなメリットのひとつです。

 

楽天カードの公式サイト

 

国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/AMEX
年会費無料
発行資格18歳以上
発行期間最短3営業日
ポイント還元率1.0%

 

学生におすすめ

ここからは、学生の方にピッタリのクレジットカードをご紹介します。

学生であれば、ポイントなどの特典に加えて在学中に年会費が無料になるカードがおすすめです。

また、利用限度額やよく利用する店舗でポイント付与率が増加するといった点にも注目するとよいでしょう。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

おすすめポイント

  • 楽天系列のサービス利用で最大3倍ポイントが付与される
  • ポイントは実店舗などでの支払いにも利用できる
  • 新規入会でポイントがもらえる

25歳まで発行可能なカードで、通常は1,000円利用ごとに2ポイント付与されますが、入会後3ヶ月間は1,000円の利用で5ポイント付与されます。

また、ポイントが多くもらえるオンラインショッピングモールが常設されているほか、特定の店舗での利用で追加ポイントもつくため、利用する店舗が決まっている方はチェックしておきましょう。

 

50万円までのキャッシング枠もあるため、緊急時用にキャッシングサービスも付けておきたいという方にピッタリです。

 

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト

 

国際ブランドVISA/Mastercard
年会費初年度=無料/2年目以降=税別1,250円(年1回の利用で無料)
発行資格18歳以上、25歳以下
発行期間最短3営業日
ポイント還元率1.0%

 

JALカード navi

JALカード navi

JALカード naviのおすすめポイント

  • JALのマイルがお得に貯まる
  • 毎年、初回搭乗時に1,000ポイント付与
  • 機内販売などで割引が受けられる

30歳までの学生専用クレジットカードで、JALと提携しているためJALでのフライト利用でマイルがお得にたまります。毎年初回の搭乗時には1,000マイルもらえるというサービスに加え、機内販売や空港店舗での割引が受けられるなども大きなメリットです。旅行や学会などでJALを利用する機会が多い方にピッタリです。

 

JALカード naviの公式サイト

 

国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費初年度=無料/2年目以降=在学中は無料
発行資格18歳以上、30歳以下の学生
発行期間最短4週間
ポイント還元率1.0%~2.0%

 

クレジットカードを作る際の注意点

作り方アイキャッチ画像9

クレジットカードを作る際に気をつけなければならない点はいくつかあります。

主な注意点としては正確な情報での申し込み、そして1枚ずつ申し込むなどが挙げられます。

また、リボ払いは便利ですが、利用しすぎると支払い額が莫大なものになってしまうケースもあります。

こうした注意点や、その詳細をご紹介します。

 

正確な情報を記載する

クレジットカードを作る際は、必ず正確な情報を記載しましょう。

発行審査に有利と考え虚偽の情報を記載する方がいるかもしれませんが、審査の一環として在籍確認などをおこなうため、虚偽の申し込み情報はバレてしまいます。

クレジットカード申し込みの際に信用情報機関へ照会をかけた際に、虚偽を見つけるシステムが使われているため、こうした虚偽記載の情報があると信用できないとして審査に通らない可能性があります。

 

リボ払い設定をしない

クレジットカードの支払い方法は一括だけではなく、分割払いやリボ払いがありますが、できればリボ払いは避けましょう。

リボ払いは毎月一定額を支払って返済する方法ですが、手数料が高いうえ、毎月定額での返済なので現在どの程度の額を利用しているのかわかりづらく、使いすぎてしまう可能性があります。

1回払いといってもリボになる設定もあるので注意しましょう。

分割枠のなかで別途リボ枠を設定できる場合は枠をなくしておきましょう。

 

一定期間に複数枚申し込まない

クレジットカードを申し込みした記録は信用情報機関に掲載されるため、同じ期間に複数枚申しむと、その情報がクレジットカード会社に知られてしまう可能性があります。

特典が異なるクレジットカードを複数持ちたいと考える方は多いかと思いますが、一度に複数のクレジットカードを申し込みすると、審査の際に生活に困っていると判断されてしまうケースがあるのです。

カードの利用記録は基本的に契約中記録されますが、申し込みだけの記録は通常半年程度なので、その期間を目安に再度申し込みましょう。

 

審査の厳しいゴールドは一般カードで実績を作ってから

ゴールドカードやプラチナカードといった特典が非常によいカードは、ある程度の利用実績がないと発行されません。

そのため、初めてクレジットカードに申し込む際にはゴールドカードなどランクの高い種類はさけて、一般的なカードで利用実績を積み重ねてから申し込むようにしましょう。

 

まとめ

クレジットカードはその種類によって特典や年会費が異なります。

たとえば学生であれば年会費が無料になる、利用店舗によってポイントが多くつくなどがあるため、自分の利用したいサービスや店舗に合わせたクレジットカードを選ぶことが大切です。

また、申し込み方法の選択も重要で、特にインターネットで申し込むことで発行までの期間が早くなるほか、特典があるケースもあります。

損をしない申し込み方法を確認しておき、虚偽の情報は書かずに、使い勝手の良いカードを選びましょう。

-未分類

Copyright© クレジットカードIX , 2019 All Rights Reserved.